2018年 弁理士試験 論文受験者数

論文受験者数

毎年、8月のお盆前に論文受験者数の統計が発表されていると思い、先週、特許庁のホームページをチェックしたものの、統計は、まだ上がっていませんでした。今日チェックしたら先週末の8/17に出ていました。

統計

平成30年 平成29年 平成28年 平成27年 平成26年 平成25年
志願者 3977 4335 4679 5340 6216 7528
短答受験者 3078 3164 3586 4278 4674 4734
短答合格者 620 285 557 604 550 434
論文受験者 1070  917 1103 960 1263 1979
免除者 450  632 546 356 713 1545
論文合格者  229 288 248 358 490
口述受験者 254 312 330 485 825
免除者 25 24 82 127 335
最終合格者 255 296 319 385 715

免除者は、450人ですね。短答合格者も多かったですし、論文受験者数は、千人を超えています。厳しい状況にあります。

まとめ

統計の発表時期まで覚えているというマンネリ化。自分でも嫌になります。来年、短答免除がなくなってしまったら、そこで、この試験の脱落者になると思います。がんばらねば。

Translate »