[PCT] DAS用アクセスコード(PCT関連)

Digital Access Code (DAS)

日本国特許庁をはじめ多くの特許庁が、Digital Access Code (DAS)のサービスを始めています。DASサービスは、パリ条約等の優先権主張を伴って出願する際にアクセスコードと呼ばれるコードを記載すれば優先権書類の提出を省略できると言うものです。優先権を伴った出願を受領した各国の特許庁は、WIPOに対して、アクセスコードを元に優先権書類をWIPOから閲覧することができるという仕組みです。日本は、PCT加盟国でない台湾ともアクセスコードでの出願ができるようになっています。DASサービスは、優先権書類を取得する手間とコストとを省略することができます。実際に平成28年3月20日からは、すべての国内出願に対して、その受領書にアクセスコードが記載されることになったため、アクセスコードの取得は、無料です。対して、優先権のため謄本を取るには、申請書類の費用に1,200円、時間としては数週間必要になります。今時、DASを利用しない選択肢はありません。

PCT出願での利用

国内出願には、自動的にアクセスコードが付与されますので、その国内出願を優先権としてDASを使ったPCT出願することができます。日本国特許庁において、「デジタルアクセスサービス[DAS]の参加庁/機関について」の情報を提供しておりますが、その中の「優先権書類の取得庁」について、国際事務局IBも含まれております。

したがって、PCT出願時に優先権の情報と共にアクセスコードを入力して出願すれば改めて優先権書類を国際事務局に送付する必要がありません。インターネット出願ソフトでは、優先権主張の情報を入力する画面に、アクセスコードを入力する欄があるので、そこに入力すれば、OKです。

次に、DASを使って出願すると、WIPOが提供するDASサービスが使えるようになるので、そのDASサービスについて説明をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL