[手続] J-Platpatの停止による代替(主にPAJ)

J-Platpatの停止による代替(主にPAJ)

J-Platpatの停止

3月10日にJ-Platpatが攻撃を受けて、3月14日の時点でもまだ復旧しておりません。

J-Platpatの代替サイトの検索

そこで、J-Platpatの代替となるサイトを検索してみたところ、特許翻訳 A to ZさまのJPlatPat停止時の代替手段のページを参照させていただきました。公報が検索できるサイト等が記載されており、とても助かりました。その他、情報サロン味岡さまの日本特許の英文はどこにある? −PAJ・公表・再公表−というページで、PAJ(Patent Abstracts of Japan)がドイツの特許庁で検索でき、取得することができました。

PAJの検索(特に特開平・昭)

上記の情報から特に問題なく公報やPAJを取得できていたのですが、ドイツ特許庁のPAJの検索で特開平・昭の入力方法がよくわかりませんでした。試行錯誤の結果、以下のようなルールだと判明しましたので、開示しておきます。(この記事の唯一の情報)

ルール

「特開平XX-YYYYYY号公報」の場合、
JP000HXXYYYYYYA」と入力します。JPの後に0を3つ入れ(「000」)、平成なら「H」、昭和なら「S」を続け、年の数字(XX)と、番号(YYYYYY)との間にはハイフンを入れず、最後に「A」を入れます。これで検索可能でした。

まとめ

PAJをお使いの方、J-Platpatで表示される英抄録より、かっこいい表示のPDFが入手できます。どうぞお試しください。みなさまの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL