事務所情報

本サイトは、日本の特許出願については、公開公報から情報を取得し、PCT出願については、願書(Request Form/RO101)から情報を得ています。その情報から特許事務所情報をどのように取得しているか開示します。

代理人は、通常弁理士か弁理士事務所(特許業務法人等)が指定されます。弁理士事務所が指定されていれば、その情報を使います。弁理士が指定されている場合は、登録番号から弁理士ナビ(http://www.benrishi-navi.com/)を利用させていただき、事務所の判別をさせてもらっています。

弁理士が転職等で弁理士ナビに複数の事務所登録がある場合、以下のように処理をしています。

  • 代理人の指定が一人の場合、複数の事務所のうち最新の事務所を利用する
  • 代理人の登録が複数の場合、筆頭代理人と次の代理人とで同一の事務所が存在する場合、その事務所を利用する。代理人の事務所がすべて異なる場合、筆頭代理人の現在の事務所を利用する

従って100%正しい情報かというと上記方法と異なる場合、事務所情報に誤りがあると思われます。よって事務所判別手法は、今後も改善を図りますが、現状は、上記の方法で取得しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL