[特実意商] 週別公開数のグラフ

視覚化

今まで、意匠、商標、実用新案及び特許の順で、公報が発行されると、「今週の〇×の総数は、〇〇件でした。」文字で集計数を開示してきました。しかし、文字だけのページはあまりに味気なくPyothonの自動投稿の導入を機に、グラフ化も行ってみました。

法域別公報数

週ごとに法域別(特許は細分化。以下同じ) 公報数 を棒グラフで表示することにしました。色が1色なのが残念ですが、スケール感がわかるかと思います。
今週の公報数

法域別公報累積数

1年を通しての法域別累積数をグラフ化してみました。昨年の分も点線で表示しております。どこかのホームページと似ていると思われた方は、ご推察の通りです。真似てみました。
特実意商

2018年vs.2017年

ちなみに2018年の再公表に関して記事にた内容もグラフにすると見えてきます。

受理官庁をJPOとしてPCT出願され、日本に移行された場合、JPOは、その明細書を自主的に公開しています。それが再公表です。 減少 ...

特実意商

国内の公報数もずいぶん違うのですね。わかりやすいように2017年と2018年との再公表だけを表示するグラフに入れ替えました。2017年は、3月から4月にかけて大量の公報を発行しています。それ以後の傾きは、2018年と同じなので、安定したのではないでしょうか。今年の動きが楽しみです。

まとめ

まだどうなるかわかりませんが、Pythonのお勉強の副産物です。本サイトに彩をもたらしてくれて、それでアクセス数も増えるとうれしのですが、どうでしょうか。

Translate »